マイクロスコープを使った根管治療の効果とは?

マイクロスコープの利用価値とは何か?

全ての歯医者にある訳ではありませんが、徐々にマイクロスコープを使った治療を行う歯医者が増えてきている傾向があります。

それぞれの性能に違いはありますが、基本的には外科医師などが手術時に利用するものと同じような形態の物を使っている歯科医師も多くいます。マイクロスコープを使う価値というのは、虫歯などの治療の時に大きなメリットがあります。虫歯の進行はさほどでもない場合には、極力削る範囲を狭くしたいのですが、以前であれば広い範囲を削っていたケースでもマイクロスコープのおかげで、最小限の削り方で治療が完了します。

神経を抜いて、根管治療が必要な場合にも、医師の経験や勘に頼る部分もあった時代に比べて、マイクロスコープのおかげで細かい部分まで無駄なく治療を行えるようになりました。

優れた技術と経験が必要な根管治療!

マイクロスコープを使って治療を行う事で、これまでよりも正確な治療を行う事が可能になったので、治療後の歯の状態や予後に関しても良い結果になる事が多くなってきています。

しかしながら、いくら医療器具が優れていても肝心の歯科医師の技術がなければ、肝心のマイクロスコープを使っても良い治療を行う事ができません。特に根管治療は複数回の治療になりますし、時間と根気が必要になるので、歯科医師の技術や経験によって、予後に大きな影響がでる事も考えられます。

マイクロスコープを導入している事は、とても良い事だとは思いますが、あくまでも医師との信頼関係や優れた技術と経験があってこその便利な医療機器になるので、根管治療には全て揃った状態の歯医者がベストだという事になります。

虫歯で歯の治療が必要になった場合、有効な治療方法として根管治療があります。これは、歯の根元の神経を取って消毒し、薬を詰めることにより歯の寿命を延ばそうとする治療方法です。